福井鉄道 200形

この200形は1960年と1962年に日本車輌で
福武線急行用に2両3編成(6両)が新造された車両で、
福井鉄道では初めて平行カルダン駆動を採用した車両でもあります。
また2両3台車という連接構造もこの200形の特徴であります。
2006年以降の路面電車形車両が導入されてからは
朝夕のラッシュ時での運用が中心となってしまいましたが、
現在も2両3編成(6両)が全て現役で活躍しています。



福武線田原町駅に停車する200形急行色203編成。




同じく福武線田原町駅に停車する200形旧福鉄色201編成。




これまた同じく福武線田原町駅に停車する200形新福鉄色202編成。




福井鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ