阪急電鉄 3300系

1967年から当時既に決まっていた
京都本線・千里線と大阪市営地下鉄堺筋線との
相互直通運転を見据えて
「民営鉄道標準車体」を採用して製造が開始され、
1969年までに120両、1979年に6両の
合計126両が製造されました。
1981年から冷房化、1990年代に入ってから
堺筋線に入線する編成について
同線用に音声合成式自動放送装置を設置するなどの
改造・車体更新が行われてますが、
現在も2両の休車を除いて現役で活躍しております。



京都本線相川-上新庄間を走る3300系。




阪急電鉄編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ