阪急電鉄 7000系

神戸・宝塚本線用車両として6000系をべースに
1980年から1988年にかけて合計210両が製造されました。
1998年より屋根肩部分にアイボリー色の塗り分けがされるようになり、
内装も順次大幅なリニューアルが行われています。
また2009年に更新されたされた7007Fと2010年に更新された7008Fは
大幅にリニューアルされた京都本線用7300系7320Fと
同様の外観となりますが、
その後2011年にリニューアルされた7009Fに関しては
外観はリニューアルされませんでした。
現在のところ廃車は出ておらず、全車現役で活躍しております。



神戸線園田-神崎川間の神崎川橋梁を走る7000系。




阪急電鉄編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ