阪急電鉄 8300系

8000系の京都本線仕様、
大阪市交通局堺筋線乗り入れ対応車として
1989年から8両編成5本(40両)と2両+6両編成4本(32両)、
6両編成2本(12両)の合計84両が製造されました。
現在のところ廃車はなく、現役で活躍しております。



京都本線茨木市-南茨木間を走る8300系。




京都本線相川-上新庄間を走る
8300系エコトレイン・ラッピング車。




阪急電鉄編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ