阪急電鉄 9300系

2001年3月のダイヤ改正で
京都本線の特急の本数と停車駅が増加したことに伴い、
特に停車駅の増加で
これまで特急用車両として活躍していた6300系が
片側2扉で乗降に不便が生ずることと
車両の老朽化が進んでいたことから
車両の置き換えが検討されて
2003年に登場したのが本形式で、
現在は8両11編成(88両)が在籍し、
全車特急運用を中心に活躍しております。



京都本線相川-上新庄間を走る9300系。




阪急電鉄編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ