阪神電気鉄道 5550系

5500系のマイナーチェンジ車両として
構体制作をアルナ車両、
艤装以降を阪神車両メンテナンスが担当して
2010年12月28日より営業運転を開始しました。
車両の塗装も5500系と同じく
アレグロブルーとシルキーグレイのツートンカラーなので
基本的な外観はあまり変わりませんが、
種別・行先表示器が字幕式からフルカラーLED式、
パンタグラフが下枠交差式からシングルアーム式となり、
客用扉が9300系、1000系と同一の1300mmになったことが、
これまでの5500系から変更された点であります。
今後の増備は2015年に発表された5700系に移行するため、
結果的に4両1編成(4両)のみの希少車両となってしまいました。



阪神本線大石-新在家間を走る5550系。




阪神電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ