阪神電気鉄道 7801・7901形

1963年から1971年にかけて
1次車(7801-7901~7934-7834)、
2次車(7835-7935~7839-7939)、
3次車(7940-7840~7950-7850の偶数番のみ)が製造されて
主に特急・急行などの運用に使用されていました、
1983年から1次車の一部(7801-7901~7812-7912)は
3521形と共に3000系へと改造されますが、
8000系が増備されるようになった
1989年より改造されなかった1次車から廃車が進み、
3000系へと改造された1次車も
2003年3月16日で全て廃車となりました。
また2次車は1000系の増備が始まった2007年に
7837-7937の2両が廃車されたのをきっかけに
2008年7月で全て廃車となりました。
また3次車は1990年に7001・7101形と共に
2000系に改造されましたが、
2011年9月5日で全て廃車となりました。



西大阪線(現在のなんば線)出来島-福間を走る
7801・7901形(2次車)。




西大阪線(現在のなんば線)出来島駅に停車する
7801・7901形(2次車)。




阪神電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ