阪神電気鉄道 8701・8801・8901形

元々は西大阪線(現在のなんば線)の
難波延伸計画を見越して1974~1977年にかけて
近鉄奈良線の急勾配での走行のために
仰速ブレーキを装備して武庫川車両工業で
4両編成2本(8両)が製造された3801・3901形でしたが、
当時はその西大阪線(現在のなんば線)の
難波延伸計画が難航していたことから
1986年夏に本線の優等列車に充当できるようにと
編成を組み直した際に6両が
現在の8701・8801・8901形へと改番され、
残りの2両が武庫川線用の7890・7990形へと改番されました。
改番後も阪神本線での運用で活躍していましたが、
2008年秋に運用を離脱したのを最後に廃車となり、
残念ながら当初の計画であった
なんば線への乗り入れを実現しませんでした。



阪神本線姫島-淀川間の淀川橋梁を走る8701・8801・8901形。




阪神電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ