京阪電気鉄道 7000系

1989年に6両2編成(12両)と4両1編成(4両)が製造され、
1991年に2両、1992年に3両とそれぞれ新造され、
1993年には6000系から編入・改番された
車両も含めて7両4編成(28両)となり、
2002年には転落防止用を外幌取り付け、
2006年にはバリアフリー化改造を施され、
2010年からは順次新塗装へと外装が変更されています。



京阪本線森小路-千林間を走る
7000系オリジナル塗装車。




同じく京阪本線森小路-千林間を走る
7000系リニューアル塗装車。




京阪電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ