近畿日本鉄道 23000系

大阪・京都・名古屋-伊勢志摩間を結ぶ特急車として登場した
この23000系は1993年から1995年にかけて
6両6編成の合計36両が製造され、
「伊勢志摩ライナー」の愛称で親しまれています。
1994年に社団法人日本鉄道建設業協会ブルネル賞を受賞しています。
また2012年には外観・車内のリニューアルを行い、
8月4日には外観が赤色になったリニューアル車が運行を開始しました。
2013年夏までに全編成でリニューアルが行われ、
赤色塗装が3編成、黄色塗装が3編成になるとのことです。



大阪線大阪教育大前-関屋間を走る23000系伊勢志摩ライナー・オリジナル車。




京都線富野荘-新田辺間の木津川橋梁を走る
23000系伊勢志摩ライナー・オリジナル車。




大阪線五位堂-築山間を走る
23000系伊勢志摩ライナー・リニューアル車(赤)。




同じく大阪線五位堂-築山間を走る
23000系伊勢志摩ライナー・リニューアル車(黄色)。



参照記事

Novelty Weblog 近鉄23000系伊勢志摩ライナー・リニューアル車(赤)を撮る




近畿日本鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ