近畿日本鉄道 50000系

2013年に執り行われる伊勢神宮の第六十二回式年遷宮にあわせて
伊勢志摩を訪れる観光客により充実した旅を楽しんでもらうために
提案・開発された観光特急専用車両で、
2012年秋に6両編成2本(12両)が近畿車輛で製造され、
車両の愛称は「しまかぜ」と命名されました。
2013年3月21日より大阪難波・名古屋-賢島間で
営業運転が開始されました。
2014年には第3編成の6両が増備され、
10月10日より京都-賢島間での定期運転が開始されました。
同じく2014年には鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞し、
現在も全車現役で活躍しております。



大阪線大阪教育大前-関屋間を走る
50000系観光特急しまかぜ。




大阪線五位堂-築山間を走る
鉄道友の会ブルーリボン賞受賞の記念ラッピングを施された
50000系観光特急しまかぜ。




大阪線三本松-室生口大野間を走る
50000系観光特急しまかぜ。



参照記事

Novelty Weblog 近鉄50000系観光特急しまかぜを撮る




近畿日本鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ