南海電気鉄道 6300系

高野線の通勤用車両6000系の
両開き扉版の6100系として1970年に登場し、
1973年までに東急車輛で合計76両が製造されました。
その後製造当初非冷房だった1次車に冷房の搭載、
全ての車両に方向幕の設置などの改造が施されます。
更に1996年から更新工事を受けた車両は
順次6300系への形式変更が行われ、
2009年10月までに76両全てが6300系になりました。
現在も全車現役で活躍しております。



高野線浅香山-我孫子前間を走る6300系。




高野線三国ヶ丘-百舌鳥八幡間を走る6300系。




南海電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ