南海電気鉄道 8000系(2代目)

老朽化が進んでいた7000系を
置き換える目的で導入が決定し、
2007年10月に東急車輛製造で
4両2編成(8両)が製造され、
翌2008年3月26日より第1編成となる
8001編成が営業運転を開始しました。
その後も増備が進められ、
2014年までに合計4両13編成(52両)が
製造されました。
また、1000系と連結できることから
4両編成の普通列車の運用の他に
6両編成の優等列車の運用にも就き、
さらに2011年9月1日より12000系と連結して
特急「サザン」の自由席車両にも
充当されるようになりました。
現在は全車現役で活躍をしております。



南海本線新今宮-天下茶屋間を走る8000系(2代目)。




南海電気鉄道編 トップページへ


MYSTERY TRAIN PHOTO GALLERY トップページへ


MYSTERY TRAIN トップページへ